So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

『尾木ママ』ブログ炎上?子供・家族におかしい・嫌いが殺到! [ニュース]

『尾木ママ』ブログ炎上?子供・家族におかしい・嫌いが殺到!とブログから、教育評論家の尾木直樹氏に対するバッシングが炎上している原因は?いろいろみなさんのお考えを調べてみました。

●北海道七飯町の山林で行方不明の小学2年の男児に対するブログ


『教育評論家の発言とは思えない』
『もう喋らない方が良い』・・・。
3日の朝発見された小学2年の男児(7)
田野岡大和君に関するブログ記事についての炎上です。

ネット炎上は結果が出てからの
『手のひら返し』という技がいつものことですけど。
冷静に見ていきましょう。



スポンサードリンク




●「両親への謝罪が先だ!」
 尾木直樹氏はブログではっきりと
『(本当に置き去りなのか)疑いたくなってしまいます』
『間違いなく逮捕される』
などの発信をして、ご両親への批判と犯人扱いまで繰り返していたのです。

しかしながら、
男児の発見後には
「良かった!見つかりました!」と
一転して喜びを爆発させた尾木直樹氏。

●『置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたく.・・・』

●『良かった、良かった!! 見つかりましたよ!見つかりました!』

●『こんなにほっとしたことも珍しい!合同捜査本部解散のニュースに落ち込んでいた尾木ママ いきなり元気 元気!!』

●『虐待です』

●『しつけのお仕置きで7歳を山中に放置するでしょうか!?』

これに対して、
ツイッターやネット掲示板には
『両親への謝罪が先では』
といった批判が殺到しているのです。

●5月31日には、
「北海道の放置親に同情する方々に問いたい」と文章で始まり、両親への批判までする始末。最終的には、
『(両親は)警察にも間違いなく逮捕されることでしょうね』
という記事も掲載しているというのです。

●田野岡大和君が発見される8時間前の発言!
「(自衛隊の捜索でも見つからないなんて)はっきりいってあり得ない」
「置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます...」
と、
言われてみれば常軌を無くした投稿ですよね。

●教育評論家の発言とは思えない!








スポンサードリンク



●過去にも炎上で謝罪文掲載
「五輪エンブレム騒動」の際には、
佐野研二郎氏が、
デザイン料などで「200億円」を受け取るなどと、
事実と異なる内容のブログを投稿。
『デマを拡散した』と大きな批判を受けて、
ブログに謝罪文を掲載しました。

つい最近では、舛添要一知事に対する「腐ったミカン」発言。
この投稿に対しても、
ネット上では
『教育評論家の発言とは思えない』
『教育に携わる人間でいながらこの表現を使うとは』
と批判されているようです。

【まとめ】
尾木直樹氏の田野岡大和君に対する優しい気持ちが、両親への批判へ繫がったことは残念です。尾木直樹氏は本当に優しい人なんですね。ヒステリックになり過ぎるところが・・・。自分の気持ちを伝える前に、少し相手の気持ちも・・どうなのかな??と入れると良かったのかもね。

田野岡大和(たのおかやまと)くん発見に父親も母親も姉も祖母も2chちゃんでも『やったー!』



前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。