So-net無料ブログ作成

和田誠イラスト・エッチング版画 販売が息子(和田唱)でアクセス増大! [ゴシップ]

 和田誠さんの嫁さんは、明るいキャラクターでおなじみの料理愛好家・平野レミさんです。和田誠さんのイラスト・エッチング版画はマスコミに出ることはほとんどないです。
イラストレーターの和田誠さんは結婚して42年、出会いから1週間でプロポーズ。出会いのきっかけは和田さんがラジオで平野レミさんの声を聞いて「一目ぼれした」ことからのスタートですという。

●生年月日 1936年4月10日(80歳)
●和田誠さんの妻(平野レミ・料理家・歌手)
●和田誠さんの息子(和田唱さん・ロックバンド・TRICERATOPS)
●和田誠さんの息子嫁(上野樹里・女優)
●和田誠さんの息子次男(サラリーマン)
●和田誠さんの父親(和田清・「築地小劇場の創立者メンバーの1人」「ラジオドラマ演出」ラジオの神様)



スポンサードリンク




●たばこ「ハイライト」パッケージデザイン
たばこ愛好家のみなさんでしたら、「そうなのか」と思われる印象深いデザインです。1959年(昭和34年)に広告制作プロダクションライトパブリシテイにデザイナーとして入社。日本専売公社が新商品の紙巻きたばこ「ハイライト」のパッケージデザインとして和田誠さんデザインを採用。

●新幹線にも和田誠さんデザイン採用
たばこ「ハイライト」のデザインは、1964年開業の東海道新幹線の車体の色を決めるときに配色の参考にされたといわれる。

●キャノン・東レの広告
社会党のロゴマーク、キヤノンや東レといった国内有数の企業の広告デザイン

●「週刊文春」「アフターダーク」
退社後はフリーランスで、「週刊文春」の表紙、星新一著作の挿絵など、他にも、星新一・丸谷才一の一連の作品、村上春樹の『アフターダーク』、三谷幸喜、阿川佐和子作品を始め、数多くの装丁を担当している。

●平野レミさんとの出会い
知り合いのディレクターの紹介で知り合った平野レミさんとの出会い。
和田誠さんはいう「なかなかチャーミングだったのさ」。この言葉に平野レミさんは「結婚生活40年で初めてそんな言葉聞いた!」とうれしそうにしていまし。
平野レミの父親はフランス文学者・平野威馬雄さんだそうですから、知的な和田誠さんとは価値観が一致したのでしょうね。それで、出会って1週間で電気が走ったので結婚したとのことでした。

和田誠 イラスト集



スポンサードリンク



【まとめ】
和田誠さんは平野レミさんと違って物静かな性格です。一族が何らかの芸術家系であることは素晴らしいですね。才能豊かなご家族と尊敬します。

平野レミさんの息子・和田唱さんと女優・上野樹里さんが結婚!姑の理想?
和田明日香さんは元ミス立教!夫は和田唱の弟さん!





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。