So-net無料ブログ作成

古村比呂がん後遺症で病院で最新手術決行!息子たちも応援に! [テレビ]

古村比呂(50)さんがん後遺症で病院で最新手術決行する!3人の息子たち寡黙な応援が家族愛が伝わり、古村比呂さんのがん後遺症で病院の様子がとても痛々しかった。子宮頸がん後遺症で「リンパ浮腫」になるのはよくある症状です。古村比呂の丸太のような左足はがん後遺症とは言え、目の当たりにすると古村比呂さん頑張ってと祈るような気持ちになりました。

●「爆報!THEフライデー」でがん後遺症を公表
「爆報!THEフライデー」でがん後遺症でリンパ浮腫の病院通いであることを公表しました。最新手術を受けることを決めていたようです。古村比呂さんは女優という職業ですから、どうしても満足のいく仕事がしたいという気持ちがあり、最新手術を受けることを決断したそうです。
 病院の主治医の見立てでは、とても厳しい手術になると説明されています。
果たして、がん後遺症の「リンパ浮腫」は改善されるのか、リンパ管を見つけることができるのか?



スポンサードリンク




●リンパ浮腫でむくみが出る
古村比呂さんは、ジャマイカでの仕事の途中で足のむくみに驚いたそうです。
海外での仕事で、飛行機による足の「むくみ」程度に考えていたそうです。少し休めばなんとかなるでしょう程度に軽く考えていたそうです。

●子宮頸がん後遺症
2011年に患った「子宮頸がん」のがん後遺症の「リンパ浮腫」ということに気づいたそうです。「リンパ浮腫」は子宮がんや乳がんなどの術後にリンパ管の圧迫や狭窄などによって発生する病気です。がん後遺症で、女性に多く見られ、足・かかと・手の甲の腫れなどで「おやっ?」と思うそうです。

●がん後遺症による「リンパ浮腫」は完治しない病
「リンパ浮腫」は完治しない病気だと言われています。
古村比呂さんの場合は1年後、「子宮頸がん」のがん後遺症、「リンパ浮腫」が発生。

●がん後遺症の「リンパ浮腫」んほ治療法
がん後遺症の「リンパ浮腫」は、必ずといっていいほど発声する病気です。
「リンパ浮腫」になる前に行う予防のリンパマッサージを必ず行う必要があります。
リンパマッサージは最近総合病院などでも案内してくれるようになりました。

ご家庭内ではご主人や家族が、病院の医師や専門マッサージ看護士の指導を受けてマッサージ方を学ぶ必要があります。
リンパが流れないと脚や腕の表面がヒリヒリするようになります。
これはリンパが流れていない証拠です。人間の体は実に精密に造られています。軽くマッサージをするだけで痛みが無くなります。
ただ、ここで注意しなければならないのは、一旦太くなった脚や腕はリンパの快復以外直ることはありませんので、毎日のようにマッサージをする必要があります。



スポンサードリンク



●リンパマッサージ保険適用
マッサージ「リンパドレナージ」が保険適用されるようになりました。
ただし、保険適用になるのは、『条件をクリアした病院のみ』だそうです。
リンパマッサージの専門病院での費用は、1回3000円~と聞いています。
毎日のことですから費用の面でも大変なこととなります。
がん治療だけで終わらないことを再確認してください。

【まとめ】
古村比呂さんの勇気ある手術の決行と息子3人の母への気持ちが伝わりました。術後様子も良好で思わず自分のことのように嬉しくなりました。いつまでもいい女優さんでいてください。実は私のパートナーも同じがん後遺症ですからよくわかります。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。