So-net無料ブログ作成

夏目雅子の夫、伊集院 静はモテル男の代名詞!3度も美人妻と結婚! [ゴシップ]

夏目雅子さんの夫は、作家の伊集院静。
『男の流儀』昭和の男がプンプン臭う文章から始まる作家ですね。
俗に言う昔の遊び人?夏目雅子さんが亡くなってもう31年目。
夏目雅子さんの夫、伊集院静さんの記事を集めてみました。

【元電通マン】
夏目雅子の夫の伊集院静は?
元電通マンだったそうです。
驚く事実は、妻と夏目雅子と桃井かおりと四角関係の末、
夏目雅子を取ったらしいです。

結婚式にはチマチョゴリを着たとか、
しかも不倫中に数度堕胎して、
後に夏目雅子は白血病にて死去、
ギャンブルや酒などで数年暮らす生活。
電通(創業者が在日の方で、日本のメディアを支配している)の
在日枠で入社して、電通にコネがあるのでしょうね。



スポンサードリンク




【桃井かおりは決別?】
夏目雅子さんが、伊集院静さんのどこが良かったのかわかりません!
きっと、若くて男性経験がなかったから、若気の過ち?だったかも?

桃井かおりさんは今では、
何でもない対した事のない男だと思っていると思います。

結構、すぐキレる性格らしく
伊集院静さんはTVでは見苦しかったですね。
変な男に関わると運が悪くなると言われてますが、
そんな感じかもしれません。

【夏目雅子の夫、伊集院静のプロフィール】
伊集院 静(いじゅういん しずか)
生年月日 1950年2月9日山口県防府市生まれの66歳。
伊集院静の本名は趙 忠來(チョ・チュンレ)
『受け月』(1992年)直木賞を受賞
『機関車先生』(1994年)
『ごろごろ』(2001年)
作詞家 伊達歩(だて あゆみ)
近藤真彦「愚か者」で大賞を獲得

●ペンネーム「伊集院静」について
広告代理店に入社予定だった女性社員につけられるはずだった
名刺に書いてあった名前が「伊集院静」だったそうです。

●伊集院静・夏目雅子との出会い
1977年伊集院静は、
カネボウ化粧品の「クッキーフェイス」の
CMを担当していたとき、小達雅子という女優を起用した。
CMに起用した女優「小達雅子」こそ後に改名した「夏目雅子」さんです。

●伊集院静の嗚咽が聞こえる
夏目雅子さんが急性骨髄性白血病と診断され、
入院を余儀なくされる。

夏目雅子の体を心配した夫・伊集院静は
全ての仕事をキャンセルして、
看病に徹すること7ヶ月が経過したころ、
容態もだんだん良くなりそろそろ退院間近なときに
抗がん剤の副作用で肺炎を併発してしまいました。

夏目雅子は27歳という若さで
亡くなってしまいました。

●酒におぼれる伊集院静
夏目雅子との別れから、
自分の無力さを嘆いた伊集院静は
多額の借金をし、酒やギャンブルに溺れてしまう。
極度のアル中になってしまった伊集院静。

●作家として復帰
1989年『あの子のカーネーション』を執筆。
作家として復帰を果たす。



スポンサードリンク



●女優・篠ひろ子さんと3度目の結婚
1992年ドラマ「毎度お騒がせします」で知られる
女優の篠ひろ子と人生3度目の結婚することとなる。
現在は仙台市に居を構えておられるようです。

【まとめ】
『男の流儀』の中で
伊集院静さんは夏目雅子さんについて
「そのころ治療費がなくて夫として情けなかった」と書いています。
いろいろ苦悩があったと思います。
今は、篠ひろ子さんと末永くお幸せに!





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。