So-net無料ブログ作成

火星大接近は2016年5月31日7,528万km! [季節]

晴れる日には、是非、南東の空を見上げてみて下さい。
土星やさそり座のアンタレスとともに、ひと際、輝く火星が見られます。

火星大接近5月31日に7,528万km!
最接近時の火星と地球の間の距離は
7,528万kmと言われてもさっぱり検討がつきませんね。

火星は地球のひとつ外側を回っている惑星だそうです。
約780日(約2年2カ月)の周期で地球に接近を繰り返しているそうです。

地球の軌道は円に近い形をしていて、
火星の軌道は少しつぶれた楕円形だそうです。

この二つの軌道が、接近する周期がちょうど2年2カ月であるため、
火星と地球が接近する位置はいつも同じではなく毎回ずれて、
距離は大きく変わるそうです。



スポンサードリンク




2018年7月31日には5,770万キロメートルまで大接近します。
2035年9月11日には5,759万キロメートルまで最大接近となります。

太陽系内の距離を表すのにはAU(天文単位)が使われます。
1AUは地球と太陽との平均距離で、ざっと1億5千万キロです。

火星の接近というと最接近の日ばかりが話題になりますが、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はあまり変わりません。火星の直径は地球の半分程度と小さく、遠い時は表面のようすがよく観察できませんが、地球との最接近を迎えるころは火星が大きく見えるため、観察の好機となります。この機会に、ぜひ火星を望遠鏡で観察してみてください。望遠鏡をお持ちでない方は、天文施設にお出かけになって、大きな望遠鏡で火星をご覧になってみてはいかがでしょう。(気象庁)

●気になる天気は?
観測するのは夜ですから、夜の天気をみてみましょう。

【北海道・東北】
31日(火)はあいにく曇りや雨の天気となるでしょう。

【関東・北陸】
最接近の31日(火)は雲は多めながらも、期待できそうです。

【東海・近畿・中国】
31日(火)は雲はあまりなく、星空を楽しめそうです。

【四国・九州】
31日(火)は雲はあまりなく、期待できそうです。

【沖縄】
30日(月)以降は梅雨空が戻りそうです。
(気象予報士 吉田 友海)



スポンサードリンク



【まとめ】
夜はゆっくり火星を探します。さそり座の近くに一際明るい火星ということですね。望遠鏡も用意します。





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。